トップページ

園長

園長 橋本陽一郎

いっしょにあそぼう!

筑紫野幼稚園では、『あそび』を大切にしています。

年齢に応じた、教材や教具を使っての運動あそびや外あそび。自然の中の木の実や草花、またリサイクル用品を使ってのおもちゃ作りや作品作り。子どもは全身を使ってあそぶことで、遊ぶ喜び、作る喜び、考える喜び、観察する喜びなどを五感で感じて大きくなります。 子どもにとってあそびが学びです。たくさんのあそびや体験を通して、思考力や創造力、仲間との関わり方や協力の仕方なども学んでいます。その体験が、子供の心身のバランスのとれた発達成長を促しているのです。

子どもの感性を揺さぶりながら、夢中になって遊べる環境や遊びを工夫したり発展できるような環境づくりを私たちは心がけています。また、トマトや玉ねぎ、キュウリなどの種まきや苗植えから収穫までを体験し、自然と触れ合い、季節を感じ、生き物の尊さ、食物への感謝の心を育てています。

子どもが見たり、聞いたり、触れたり等の身体での経験、五感からの体験を通して、学びと心を育んでいます。このような『あそび』を、子どもたち一人ひとりが目標に向かって一生懸命取り組むことで「個性」も育まれていっています。

意欲的にあそび、自立心と思いやりの心をもってたくましく成長している筑紫野幼稚園の子どもたちのあそびの中には、にこやかな園長先生とやさしい先生方がいつも一緒にいます。

 

新園舎

平成27年9月より、新園舎での保育が始まりました!

新園舎